🎬11月9日22時〜雑談しながら生放送を行います♪

IQOSより濃い互換機MOX Edgeをレビュー![動画あり]

IQOSより濃い互換機MOX Edgeをレビュー![動画あり]

キャップの収納場所

動画中にお伝えできませんでしたが、キャップは本体の底に収納が可能となります。

MOX_Edge_キャップ収納

Reiverのえあんです♪
前回IQOSの情報をお伝えしましたがどうだったでしょうか?

IQOSの戦略とは!?ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]IQOSの仕組み&ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]

IQOS互換機でも、「温度の部分」や「たばこスティック」が同じとなるので、発生する成分はほぼ変わらないことになります。しかし加熱ブレードの形状が違うので『味』が異なります。

IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]

なので今回は、実際に互換バッテリー「MOX」をレビューしていきたいと思います。

商品の情報

MOX_Edge_トップ画像

MOXの使い方や性能を述べていきたいと思います。タバコスティックはもちろん『IQOSのタバコスティック』を使用することが可能です。

MOX_Edge_梱包品

梱包品
  • 本体(MOX)
  • キャップ(本体の底に収納可能)
  • クリーニングブラシ
  • microUSB
  • 取扱説明書(日本語・英語)
  • サイズ

    縦115mm × 横20mm × 厚さ15mmで、重量が40gになります。

    MOX_Edge_サイズ

  • カラー

    グレー、ゴールド、シルバー、ブラック、レッドの5色になります。

    MOX Edge_カラーバリエーション

  • バッテリー

    60~90分でフル充電になり、1000mAhで約10〜15本吸うことが可能です。

  • 加熱温度

    300~350度の温度でタバコ葉を熱します。加熱ブレードは「セラミック製の針」となります。

    MOX_Edge_加熱ブレード

  • 充電時間

    タバコスティック1本につき、約4分間もしくは15回吸うことが可能です。

使い方

IQOSと違い、次のタバコを吸う時間が短縮され、MOXでは”すぐに次のタバコを吸う”ことが可能です。

  • 電源をつける

    ボタンを5回連続押すことにより電源ON/OFFにすることが可能です。

    MOX_Edge_電源ON・OFF

  • タバコを挿入

    IQOSと同様、スティックはねじらずまっすぐ挿入します。

    MOX_Edge_たばこスティックを挿入

  • 加熱する

    ボタンを3秒ぐらい長押しすると、本体が振動しライトが青に点滅します。10秒ぐらい待つと、青いライトが点灯もしくはバイブが起きると吸うことができます。

    MOX_Edge_加熱

     

    タバコスティックは1本あたり約4分間、もしくは15回吸引することができます。残り20秒もしくは、吸引があと2回になるとライトが赤に変わり、本体が振動します。

     

    また途中で終わりたい場合は、ボタンを3秒長押しにすることにより加熱を終了させることができます。

  • 取り出す

    たばこスティックを取り出す時は、2回ほど回転させてから取り出します。

    MOX_Edge_たばこスティックを取り出す

    MOX_Edge_たばこスティックを取り出す2

  • クリーニング

    キャップを外し、ボタンを3回連続で押すことにより、クリーニングを開始します。赤ライトと緑ライトが交互に点滅し、30秒間加熱ブレードがフルパワーで加熱します。

    MOX_Edge_クリーニング

     

    加熱ブレードをフルパワーで加熱することにより、針についたタバコ葉を焼却します。

     

    クリーニングが終われば”1分間待ち”、付属しているブラシで残留物を取り除きます。目安として20本タバコスティックを吸うごとに定期ケアを行ってください。

    MOX_Edge_ブラシでクリーニング

味のレビュー

僕自体が紙巻きタバコや加熱式たばこを吸っていないプルーム・テックユーザーなので、IQOSユーザーの友達にも”味のレビュー”をしてもらいました。なのでそちらを内容を記載致します。

[えあん]プルーム・テックユーザー「スムースレギュラー」

MOX_Edge_感想1

動画でもお伝えしている通り、MOX Edgeの方が喉にくる刺激(キック感)が強く、濃いイメージがありました。

感想

IQOSはブレンドした味の感覚で、抑えられている感覚がありました。味自体は変わりませんが、濃さはMOX Edgeです。

IQOSユーザー「メンソール」

MOX_Edge_感想2

2年以上IQOSを吸っているユーザーで、日頃メンソールのタバコスティックを吸っています。

感想

味は同じだが、キック感(喉にくる刺激)は弱まった。濃さで言うならIQOSの方が良い。

IQOSユーザー「レギュラー」

MOX_Edge_感想3

IQOSが出た当初から吸っているユーザーで、日頃レギュラーのタバコスティックを吸っています。

感想

MOX Edgeの方が濃い。味は同じ。

それよりも、すぐ吸えたり次のタバコが吸えるのがめちゃくちゃいい。


どうだったでしょうか?

味のレビューでは、メンソールは少しキック感は弱くなるかもしれませんが、レギュラーを吸っている方なら、IQOSより濃くなるものになりました。

🔍また約300度で加熱するIQOSの有害性を記載した記事もあるので、気になる方はご覧下さい。

IQOSの戦略とは!?ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]IQOSの仕組み&ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]

🔍それと互換機が安全と理解できる記事もあるので、気になる方はご覧下さい。

IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

 

詳細内容

商品名
● MOX Edge(モックスエッジ)

メーカー(会社名)
● MOX Vaper

価格(値段)
● Amazonで3,380~5,980円

サイズ(大きさ)
● 縦115mm × 横20mm × 厚さ15mm

重量
● 40g

カラー
● グレー
● ゴールド
● シルバー
● ブラック
● レッド

加熱ブレード
● セラミック製の針

加熱温度
● 300-350度

充電時間
● 1~1.5時間でフル充電

本数
● フル充電で10〜15本

使い方
● 電源ON/OFF:5回ボタンを押す(白ランプ)
● 充電残量確認:電源ON時に1回ボタンを押す(緑/フル、青/中、赤/低圧)
● スティックを指す
● 加熱する:3秒間ボタンを長押し/10秒加熱後吸引
● 吸う:約4分間もしくは15回吸引/残り2回吸引もしくは20秒になるとライトが赤色・本体振動
● スティックを取る:スティックを2回転させ取り出す
● クリーニング:上のキャップを外し、ボタンを3回押す
● ブラシを使う1分待った後にブラシで掃除

梱包品
● 本体
● microUSB(約60cm)
● ブラシ
● 取扱説明書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。