🎬11月9日22時〜雑談しながら生放送を行います♪

IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]

IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]

Reiverのえあんです♪

前回お届けした動画のコメントにて、「紙巻きタバコよりIQOSの方が発がん性が多い」など『IQOSの有害性』について賛否両論がありました。

IQOSの戦略とは!?ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]IQOSの仕組み&ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]

なので今回は、IQOSで発生する「有害物質」「発がん性」についてIQOSの構造・仕組みからみて紙巻きタバコより悪いものなのか応えていきたいと思います。

また僕自身が、学者でもなくタバコに関連した人間ではないので”推測”の応えになります。

アイコス(IQOS)
¥7,900 (2018/11/09 20:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

紙巻きタバコより90%有害物質をカットしたIQOS

IQOS_有害物質90%カット

IQOSでは「紙巻きタバコより90%有害物質をカット」というキャッチフレーズがあります。

しかし喫煙者の中には「紙巻きタバコよりIQOSの方が悪いものが出ている」という意見の方もいると思います。

まぁIQOS公式でも具体的にどういう風に90%カットしたか説明がないので疑わしいことですが、僕は90%カットできたと思います。

実際に研究したり実験したわけではないので何%カットしたかどうかはわかりませんが、紙巻きタバコよりは有害物質をカットしてると思います。

紙巻きタバコより有害物質をカットしているかは、構造・仕組みを見ればご理解できると思うので、そちら3つを述べていきます。

温度で有害物質をカット

温度で有害物質をカット

有害物質の発生源は「温度」です。温度が上昇することにより有害物質の数も変わってきます。

通常の紙巻きタバコの場合、タバコ葉を約750~850度で燃焼します。それにより、化学物質が4,000種類以上発生し、その中の約200種類が有害物質、約50種類の発がん性物質が含まれています。

しかしIQOSでは、タバコ葉を約300度なので、有害物質や発がん性物質を温度の具合で大幅カットもしくは発生させていない可能性があります。

各それぞれの有害物質の発生温度は応えられませんが、タールで考えればわかりやすいと思います。

タール_イメージ

タールとは、タバコ葉を約500度近い温度で燃焼することにより発生します。発がん性の可能性があり、着色がついた油状液体です。

主にニコチンを肺まで運ぶ役割があり、タール量が多ければ多いほどニコチンを多く摂取することが可能になります。

しかしデメリットがあり、タバコ臭やヤニと言われているのがタールで、「臭い」「汚れ」などの原因はタールになります。

なので壁が黄色くなったり、歯が黄色くなったり、服がタバコ臭かったりする理由がタールになります。

IQOS_タール量

発がん性のあるタールは約500度で発生しやすいが、IQOSでは紙巻きタバコより温度を下げたことにより大幅カットしています。なので温度を下げたことにより有害物質をカットできたということです。

現にプルーム・テックでは有害物質を99%カットしたと言っていますが、温度が約40度以下なのでタールさえ発生しません。(残りの1%はニコチンが発生しているからなのではないかと思います)

フィルターで有害物質をカット

フィルターで有害物質をカット

本来タバコとは、有害物質などをフィルターによってカットするものなのでそちらでもだいぶカットされています。

紙巻きタバコもフィルターはついているけど?

という方もいると思うので、IQOSのタバコスティックを吸った後の構造を見てみましょう。

IQOS_フィルター

IQOSでは口に入るまでに3つのフィルターを通り、吸引します。着色でも分かる通り、真ん中のビニールのようなフィルターが大幅カットしており、吸引するまでに着色を抑えていることが分かります。

しかし色がなくなったからタールが発生していないわけではなく、タールはそもそもニコチンを包み肺まで持っていく役割があるので、IQOSでもタールは発生していることになります。

副流煙で抑えたことにより有害物質をカット

副流煙で抑えたことにより有害物質をカット

もうここまでくれば説明いらずかもしれませんが、加熱式タバコの一番の有害物質をカットできたのは副流煙を抑えた(加熱式たばこも副流煙は微量でます)ことです。

紙巻タバコの煙は3種類あります。

タバコの煙の仕組み

主流煙(しゅりゅうえん)

フィルターを通って口に入る煙を主流煙です。

呼出煙(こしゅつえん)

口から吐く煙を呼出煙

副流煙(ふくりゅうえん)

タバコ葉を燃焼している煙が副流煙です。

先ほども伝えたように、紙巻きタバコでは有害物質(200種類以上)・発がん性物質(50種以上)が発生しますが、こちらは副流煙の数値になります。なので加熱式たばこは副流煙を抑えることによって、紙巻きタバコより有害性はないということになります。

また口に入る煙の主流煙は”フィルターを通って”いたり、温度も下げていることから、紙巻きタバコより有害性はないと考えています。

IQOS互換機の有害性は?

ここまで読んだ方ならもうお分かりの通り、IQOSと「同じ温度」「たばこスティックが同じ」であれば、IQOS互換機でも発生する有害物質はほぼ同じになります。

IQOSの戦略とは!?ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]IQOSの仕組み&ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]

しかし、加熱ブレードの形状が異なるので「味」が変わってきます。

IQOSより濃い互換機MOX Edgeをレビュー![動画あり]IQOSより濃い互換機MOX Edgeをレビュー![動画あり]

どうだったでしょうか?
「温度」「フィルター」「副流煙」からみても、紙巻きタバコの方が有害性が高いと考えられます。

またIQOS互換機も、有害性はほぼIQOSと変わらないものなので、こちらのReiver.blogでは「IQOS互換機のレビュー」をまたいくつかしていくので気になる方はご覧下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

 

アイコス(IQOS)
¥7,900 (2018/11/09 20:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

詳細内容

商品名
● IQOS(アイコス)

メーカー(会社名)
● フィリップモリス

価格(値段)
● IQOS 2.4Plus:7,980円
● ホルダー(スティック):3,980円

サイズ(大きさ)
● 本体:縦111mm × 横50mm × 厚さ15mm
● スティック:縦94mm × 横14mm

重量
● 本体:100g
● スティック:20g

カラー
● ホワイト
● ネイビー

充電時間
● 本体:約90分
● スティック:約4分間

充電可能回数
● 本体:約365回
● スティック:約7300回

タバコの種類
○ レギュラー
○ ブレンド26(ブラウンのレギュラー)
○ ブレンド05(オレンジ色のレギュラー)
○ バランスド レギュラー
○ スムース レギュラー
○ メンソール
○ パープル メンソール
○ ミント

保証期間
● 購入時6ヶ月間
● 購入後IQOS.jpに製品登録すると12ヶ月間
※ 購入して2週間以内にIQOS.jpに製品登録しないと12ヶ月に伸ばせない可能性があります。また保証期間は購入した日にちからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。