【動画あり】iQOS互換機「aubark T002」レビュー!評価・使い方などお届け

Reiverのえあんです♪
引き続き「iQOS関連」の記事を書いていきます。

今回はiQOS互換機「aubark T002(アウバック)」をレビューします。
『味』『匂い』『持ちやすさ』『性能』『デザイン性』について後半で記載します。

えあん
性能は正規iQOSより優れているiQOS互換機の方が多いよね♪

🔍iQOS3、iQOS3 MULTIのレビュー記事はこちら

【動画あり】iQOS 3レビュー!変更点や性能・デザイン性をお届け♪【動画あり】iQOS 3レビュー!変更点や性能・デザイン性をお届け♪ 【動画あり】iQOS 3 MULTIレビュー!大きな欠点があった。【動画あり】iQOS 3 MULTIレビュー!大きな欠点があった。
保証期間

約90日間の保証期間がついています。
使用できなくなったり、不具合・故障の場合は「無償」で交換対応してくれます。

商品の仕様

aubark T002_イメージ

付属品

aubark T002_梱包品

  • 本体
  • microUSB充電ケーブル(約82cm)
  • クリーニングブラシ
  • クリーニングスティック
  • 取扱説明書(英語、中国、日本語表記)
カラー

カラーは「オレンジ」「ブラック」「ホワイト」「ブラウン」「ネイビー」の5色になります。

aubark T002_カラーバリエーション

 

持つところが、素材が皮革(ひかく)で、その部分のカラーが異なります。全体はゴールドのデザインです。

サイズ

「幅32.5mm × 高さ108.5mm × 厚さ23mm」になります。

aubark_T002_サイズ

 

iQOS3とiQOS3 MULTと比べると、ちょうど中間ぐらいのサイズ感でした。

aubark T002_iQOS3とマルチと比べたサイズ

重量

計測してみたところ「約85g」です。

aubark T002_重量

加熱時間

加熱時間「10~15秒」になります。iQOS3・マルチ(約20秒間)と比べると早いです。

aubark_T002_加熱時間

吸引時間・吸引回数

喫煙時間は「約4分30秒間」です。実際に測ったところ「約3分45秒」でした。

aubark_T002_喫煙時間

えあん
喫煙時間が少し短いかなー
充電時間

「約2~3時間」でフル充電(2900mAh)になります。フル充電で20〜25本吸引可能です。

えあん
連続吸引も可能でした

喫煙過程&操作方法

こちらでは、喫煙までの過程を操作方法と一緒に述べていきます。

電源を入れる

こちらのデバイスは電源ON/OFF機能がついていません。なのでタバコスティックを差し込んですぐに吸引が可能です。

aubark T002_電源を入れる

 

充電容量を確認する方は「ボタンを1タップ」します。ライトが『ブルー(100-60%)』『ライトブルー(60-30%)』『オレンジ(30-0%)』『レッド(超低電量)』で容量を表します。

aubark T002_ライトの種類

加熱する

喫煙を開始する場合、「ホルダーのボタンを2秒間長押し(緑色ライト点滅)」します。加熱時間は『約10~15秒』でした。加熱が終わると本体が振動します。

aubark_T002_加熱時間

喫煙開始

緑色ライトが点灯し『約3分45秒間喫煙』が可能でした。30秒前になると本体が振動し、ライトが消えると喫煙終了になります。

aubark T002_喫煙開始

喫煙終了

喫煙終了後は、タバコスティックを「ねじりながら」外します。iQOS3・マルチのようにまっすぐ抜いてしまうと、タバコ葉が詰まる可能性があります。

aubark T002_ねじりながら抜く

 

しかし「フタが2重で外せる」ので、タバコ葉が詰まった時は2個目のフタを持ち上げると、綺麗にタバコ葉を取ることができます。

aubark_T002_フタの感じ

クリーニング

ボタンを5回連続で押すと、自動クリーニングモードに入ります。ライトが「オレンジ色に点滅」し、「約1分30秒間」加熱します。終わる時に、振動でお知らせしてくれます。

aubark T002_クリーニング

 

またクリーニングブラシ・スティックも付属しているので、きれいに掃除することが可能です。

感想

前回で「iQOS3」と「iQOS3 マルチ」をレビューしたので、そちらと比較し、述べていきます。またiQOSで発生する有害物質やiQOS互換機については下記の記事に記載しています。

IQOSの戦略とは!?ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり]IQOSの仕組み&ニコチン・タール・一酸化炭素もご紹介[動画あり] IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]IQOSは紙巻きタバコより有害物質・発がん性が出ているのか!?[動画あり]

味について

aubark T002_味について

iQOS3・iQOS3 MULTIと比べて「タバコの味に近い」です。

iQOSで吸うと「ブレンド感」がありますが、互換機の場合は「おなじみのタバコ感」の感覚でした。また喉にくる「キック感」は紙巻きたばこ並の強さです。

性能

aubark_T002_フタの開閉可能

バッテリー容量(2900mAh)や吸引本数20本以上吸えるのは本当に魅力があります。またキャップが2つあり、タバコ葉が詰まった時に簡易に取れるのは魅力的でした。一体型も良いです。

しかし、吸引時間が「約3分45秒」と短いので、もう少し時間が長ければよかったと思います。まあ連続吸引が可能なので、それでカバーすれば問題ありませんがね。

デザイン性

aubark T002_iQOS3と比べた感じ

iQOS3と比べてしまうと、見劣ります。しかしiQOS3 Multiと比べると、まだ良い感じがします。

しかし、紹介したカラーが「ブラックの皮革」だったので、のりがくっ付いている感じがあります。

持ちやすさ

aubark T002_持ちやすさ

持ちやすさは「丸み」があって手にフィットする感じです。皮革の部分が触り心地があるので、非常に良いと思います。また喫煙中もデバイスが熱くなりにくく、通常通り吸引が可能でした。


いかがだったでしょうか?
iQOS関連のレビューをいくつかしてきましたが、本家のiQOSよりはiQOS互換機の方が性能が良いと思います。味に関しては、タバコ感を残したいのであれば、互換機の方が近いと思います。

また次回も未発売のiQOS互換機2種類をレビューしていくので興味がある方はお楽しみに!
お疲レイバー♪

 

詳細内容

商品名
● aubark T002(アウバック)

メーカー(会社名)
● Aubark(アウバック)

価格(値段)
● 8,980円

カラー
● オレンジ
● ネイビー
● ブラック
● ホワイト
● ブラウン

サイズ(約)
● 幅32.5mm × 高さ108.5mm × 厚さ23mm

重量
● 85g

加熱時間
● 約10~15秒

吸引時間
● 約3分45秒間

吸引本数
● フル充電で20~25本(連続吸引可能)

充電時間(2900mAh)
● 2~3時間

加熱温度
● 280-300度

ボタン
● 電池残量確認:1タップ
● 喫煙:2秒間長押し
● 自動クリーニング:5回連続で押す

保証期間
● 90日間

梱包品
● 本体
● microUSB充電ケーブル(約82cm)
● クリーニングブラシ
● クリーニングスティック
● 取扱説明書(英語、中国、日本語表記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。