MacOS Mojave(モハベ)を実際に操作し、10個の便利な新機能紹介![動画あり]

MacOS Mojave(モハベ)を実際に操作し、10個の便利な新機能紹介![動画あり]

Reiverのえあんです♪

今回は、2018年秋頃登場する「MacOS Mojave(マックオーエスモハベ)」をご紹介致します。こちらの記事では、動画で紹介しきれなかった細かい点などを述べていきます。

注意

紹介するMacOS Mojaveはベータ版です。今現状わかっている機能を述べています。なので一般公開された時に、機能が増えたり無くなったりする可能性があります。

 

また、ベータ版はAppleデベロッパーの人にしか配布されていません。詳しくはこちらの記事をご参考にして下さい。

Link Apple Developer ProgramApple

追加された新機能

macOS Mojave_イメージ

上記で述べたように”僕が把握している機能”をご紹介致します。Mojaveにバージョンアップされた時の便利な機能なので、覚えておくと良いです(Macの場合無料でアップデート可能です)。

01: ダークモードと通常モードの切り替え

Mojave_ダークモード_イメージ

今回からモニター画面やアプリ画面などがダークになる機能が追加されましたが、本来の明るい「通常モード」もあるのでそちらの切り替え方法をご紹介致します。

ダークモードの効果

写真や動画などのコンテンツが、より引き立って見える効果があります。

切り替え方法

「システム環境設定 ⇒ 一般 ⇒ アピアランス」から”通常のモード”と”ダークモード”を切り替えることが可能です。

Mojave_ダークモード_切り替え方法1

Mojave_ダークモード_切り替え方法2

 

”純正のモハベの壁紙”の場合、通常のモードに切り替えると壁紙も明るくなります。

Mojave_ダークモード_変更イメージ

02: アクセントカラー変更方法

データファイルを選択した時やラジオボタン・アコーディオンの部分の色を変更することができます。

変更できるカラー

「青」「赤」「オレンジ」「黄色」「緑」「紫」「ピンク」「グレー」の中から好きな色を決めることができます。

Mojave_アクセントカラー_変更できるカラー

設定の場所

「システム環境設定 ⇒ 一般 ⇒ アクセントカラー」から色を変更することができます。

Mojave_アクセントカラー_設定の場所1Mojave_アクセントカラー_設定の場所2

03: スクショ後の編集方法

Mojave_スクショ後編集_イメージ

スクリーンショットを行なった後に、編集することが可能になりました。

編集のやり方

スクリーンショット(command+shift+3など)をした後、画面右下にスクショした画像が小さく表示されるので、クリックすると編集できます。

Mojave_スクショ後編集_編集のやり方1Mojave_スクショ後編集_編集のやり方2

 

🔍また他のスクリーンショットのやり方が気になる方はこちらをご覧下さい。

Macで4種類のスクリーンショット[動画あり]Macで4種類のスクリーンショット[動画あり]
編集できる項目

Mojave_スクショ後編集_編集できる項目

スケッチ

なぞった部分が”図形に変換”と”手書き”のどちらかを作ることができます。

Mojave_編集項目_スケッチ_手書き

シェイプ(図形)

「棒線」「矢印」「四角形」「楕円」「星」などの図形を作成することができます。また「強調」や「虫眼鏡(一部ズーム)」のツールもあります。

Mojave_編集項目_シェイプ

 

それと線の太さや矢印の形も変更が可能です。

Mojave_編集項目_シェイプ2

テキスト

テキストを加えることが可能です。フォントや文字のサイズ・カラーなども変更できます。

Mojave_編集項目_テキスト

選択部分をハイライト

色々試しましたが、どの部分で使えるか現在わかっておりません。効果としましては、選択した部分にマーカーを引くものになります。

📍わかり次第、追記致します。

署名

サインやカメラから署名となるものを追加することができます。

Mojave_編集項目_署名

回転

90度ごとに左右に回転することが可能です。

Mojave_編集項目_回転

トリミング

いらない部分をカットすることが可能です。

Mojave_編集項目_トリミング

保存した後の編集方法

保存した後に編集したい方は、06: クイックルックをご覧下さい。

04: デスクトップにスタックを追加

Mojave_スタックを追加_イメージ

デスクトップに置いてあるデータファイルをスタック(一つ)にまとめることができます。

注意

僕が調べた中では、フォルダのデータをスタックにまとめることができません。なのでスタックにまとめる事ができるのは”ファイル”のみとなります。

Mojave_スタックを追加_フォルダをまとめる事ができない

 

設定場所

「Finder ⇒ 表示 ⇒ スタックを使用」から設定することができます。

Mojave_スタックを追加_設定場所

まとめる項目

スタックごとにまとめれる場合は「Finder ⇒ 表示 ⇒ スタックをグループ分け」から項目を選んで下さい。グループ分けできる項目は「種類」「最後に開いた日」「追加日」「変更日」「作成日」「タグ」になります。

Mojave_スタックを追加_まとめる項目

Mojave_スタックを追加_まとめる項目_変更日1

 

📍自分好みでスタック毎にデータをまとめるやり方があるのか把握できていません。わかり次第追記します。

05: どこでもMy Macがなくなった!?

どこでもMy Macがなくなった!?

外出先から家や職場にあるパソコンを遠隔操作(リモートコントロール・ファイルアクセスなど)することができるどこでもMy Macがなくなったという記事を見ましたが、通常通り共有することができました。

もちろんのこと、違うネット回線で試しました。

違うパソコンを遠隔する方法

Finderを開き(⌘+N)、サイドメニューの「場所 ⇒ ネットワーク」から遠隔操作したいパソコンを選択すれば、画面共有やファイルにアクセスすることができます。

Mojave_どこでもMy_Mac_違うパソコンにアクセス

共有の設定方法

遠隔操作をする設定は「システム環境設定 ⇒ 共有」から共有したい項目を選べば、共有することが可能になります。

Mojave_どこでもMy_Mac_共有の設定方法

06:クイックルック(プレビュー)

Mojave_クイックルック_イメージ

データを選択し、スペースキーを押すことによってプレビューできる機能です。

操作方法

データを選択(ワンクリック)し、スペースキーを押します。

Mojave_クイックルック_操作方法

追加された機能

クイックルックからでも回転や編集することが可能になりました。編集は03: スクショ後の編集方法で述べた編集が可能です。

Mojave_クイックルック_画像の機能

動画の場合

映像を前後カットする”トリミング”を行うことができます。

Mojave_クイックルック_動画の機能

07: ボイスメモ

Mojave_ボイスメモ_イメージ

音声だけを簡単に録音することができる「ボイスメモ」のアプリが追加されました。

アプリの場所

「Finder ⇒ 移動 ⇒ アプリケーション ⇒ ボイスメモ」のアプリがあります。

Mojave_ボイスメモ_アプリの場所

編集・複製・共有

また録音したデータを左にドラッグし「•••」から編集・複製・共有することが可能です。

Mojave_ボイスメモ_アプリの場所2

Mojave_ボイスメモ_編集・複製・共有するやり方2

編集

元のデータに追加で上書きすることが可能です。

Mojave_ボイスメモ_編集

 

📍「置き換える」を押しても反応しなかったので、わかり次第追記します。また他の機能も追加がありそうな雰囲気です。

複製

録音したデータを複製することが可能です。

共有

録音したデータを書き出すことが可能です。

08: パスワード追加

パスワード追加

ファイルやフォルダにパスワードをつけることができるようになりました。

パスワードの付け方

Finderを開き、上メニューバーの表示方法を「ギャラリー」に変更し、右下の「More… ⇒ パスワードを追加」から可能です。

Mojave_パスワードを追加_パスワードの付け方

Mojave_パスワードを追加_パスワードの付け方2

パスワードを付けたファイル形式

パスワードを付けたファイルは”.zipファイル”になり、そのファイルをダブルクリックしてパスワードを入力すると解凍されます。

Mojave_パスワードを追加_zip

zipファイルとは

元のファイルと比べて、容量が少し減り(圧縮)、転送する時の時間を削減してくれます。アーカイブとしてデータを残す時などに使用がオススメです。

09: PDFを作成

PDFを作成

画像データなどをPDFファイルに変換することができます。

PDFファイルとは

電子化された文書で、見栄えが綺麗で形式を問わず全デバイスで表示することができます。

PDFに変換する方法

Finderを開き、上メニューバーの表示方法を「ギャラリー」に変更し、右下の「More… ⇒ PDFを作成」から可能です。

Mojave_PDFを作成_作成場所

変換したPDFを編集

変換したPDFを選択し、スペースキーを押して右上の「✏」ボタンから編集することができます。編集項目は03: スクショ後の編集方法で述べた編集が可能です。

Mojave_PDFを作成_編集

10: 5つ目のスクリーンショット

Mojave_スクショウィンドウ_イメージ

スクリーンショートウィンドウを開くショートカットが追加されました。簡易に画面録画もできます。

🔍またその他のスクリーンショットのやり方が気になる方はこちらをご覧下さい。

Macで4種類のスクリーンショット[動画あり]Macで4種類のスクリーンショット[動画あり]
ショートカット

「⌘(command) + ⇧(shift) + 5」でスクショウィンドウを表示することができます。

Mojave_スクショウィンドウ_ショートカット

機能

各それぞれのスクショはもちろん画面収録の機能をクリックひとつで稼働させることができます。

Mojave_スクショウィンドウ_オプション

 

また「オプション」があり、『保存先』『タイマー(開始秒数)』『(録画した素材に)マウスカーソルを表示』を追加することができます。


どうだったでしょうか?

前準備として覚えておくと便利な機能をご紹介致しました。今現在僕が把握している機能なので、まだ他にあるかもしれません。

その時には、「追記」もしくは「新しい記事」を作成致します。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

 

詳細内容

商品名
● macOS Mojave(マックオーエスモハベ)

メーカー
● Apple(アップル)

料金
● 無料(App Storeからアップデート)

提供時期
● 2018年秋頃予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。