🎬11月9日22時〜雑談しながら生放送を行います♪

MacのDockをカスタマイズし使いやすくしよう![動画あり]

MacのDockをカスタマイズし使いやすくしよう![動画あり]

追記事項

2018年5月28日追記:

Dockのサイズを変更するやり方を増えました。

レイバーのえあんです♪

今回は、Dockをカスタマイズしていきたいと思います。設定を変更することにより、今まで変更したかった内容が変わる可能性があるので一度ご確認下さい。

🔍また、Dockにあるアプリ・フォルダを移動したり、整理したり、削除したい方はこちらの記事をご覧下さい。

MacのアプリやフォルダDockに追加・削除する[動画あり]MacのアプリやフォルダをDockに追加・削除する[動画あり]

設定の場所

  • 設定の場所

    左上のリンゴマークをクリックし『システム環境設定』を開きます。

    Dockのカスタマイズの設定場所1

     

    その後『Dock』を選択すると、Dockの色々な設定を行うことができます。

    Dockのカスタマイズの設定場所2

  • サイズ

    Dockのサイズを調整することができます。

    サイズ

    ドックを最小にした場合

    サイズ小


    2018年5月28日追記

    もう一つのDockのサイズを変更することがわかりました。

     

    デスクトップにあるDockの右側に、アプリとフォルダの境界線の縦棒をマウスを持っていくと、マウスアイコンが切り替わります。

    Dockのサイズを変更する

     

    その時に”上下にドラッグ”することにより、Dockのサイズを変更することが可能です。

    Dockのサイズを変更する2

  • 拡大

    マウスをDockに近づけると、アプリアイコンが大きくなります。

    拡大

  • 画面上の位置

    Dockの位置を変更することができます。

    画面上の位置

  • STEP.5
    ウィンドウをしまう時のエフェクト

    左上の「黄色いボタン」を押し、Dockにしまう時の”動き”を変更します。

    左上の黄色いボタン

    ジニーエフェクト

    “吸い込まれる”ようにDockにしまいます。

    ウィンドウをしまう時のエフェクト_ジニーエフェクト

    スケールエフェクト

    ウィンドウの形を崩さず”縮小”しDockにしまいます。

    ウィンドウをしまう時のエフェクト_スケールエフェクト

     

    えあん

    また「⌘+M」のショートカットでウィンドウをしまうこともできます。
  • 書類を開くときはタブで開く

    同じウィンドウで、新規書類をタブ状で開く設定になります。

    書類を開くときはタブで開く

    常に

    「⌘+N」で新規書類を作成したり、「⌘+O」で書類を開く時に、同じウィンドウのタブ状で開くことが可能です。

    書類を開くときはタブで開く_常に

    フルスクリーン時のみ

    左上の緑のボタンを押して、フルスクリーンで開い時のみ新規書類を開く時は、同じウィンドウのタブ状で開くことが可能です。

    書類を開くときはタブで開く_フルスクリーン時のみ

    手動

    新規書類・書類を開く時、別のウィンドウで開くことが可能です。

    書類を開くときはタブで開く_手動

     

    えあん

    同じ位置・サイズで新しくウィンドウを開きたいので、僕の場合は”常に”を設定しています。
  • ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで""

    ウィンドウの上の部分を”ダブルクリック”することにより「ウィンドウをしまう」または「ウィンドウを拡大/縮小」することが可能です。

    ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで

    しまう

    Dock右側にしまうことが可能です。

    ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで_しまう

    拡大/縮小

    画面一杯にウィンドウを拡大/縮小することが可能です。

    ウィンドウタイトルバーのダブルクリックで_拡大・縮小

     

    えあん

    あまり拡大することがないので、僕は”しまう”を設定しています。
  • ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう

    左上の黄色いボタンを押した時に、Dockにあるアプリにウィンドウをしまうことが可能です。

    ウィンドウをアプリケーションアイコンにしまう

    えあん

    チェックを入れると、ウィンドウがアプリアイコンに隠れてしまい、わかりづらいです。チェックを外していると、Dockの右側に目で見る形で置いておくことが可能です。
  • 起動中のアプリケーションをアニメーションで表示

    アプリケーションを起動する時に、アイコンが跳ねるのを停止させることが可能です。

    起動中のアプリケーションをアニメーションで表示

  • Dockを自動的に表示/非表示

    Dockを常に表示させるか、非表示にさせるかの設定になります。チェックを入れるとDockが隠れ、マウスをDockがあった場所に持っていくと現れます。

    Dockを自動的に表示:非表示

  • 起動済みのアプリケーションにインジケータを表示

    チェックを入れると、Dockにある起動中のアプリアイコンの下に”黒点”を表示することが可能です。

    起動済みのアプリケーションにインジケータを表示


いかがだったでしょうか?
僕はこのように設定しています。

Dockのカスタマイズのえあんの設定

少しの設定を変更することにより、作業効率にもつながるので自分に合う設定を行ってみて下さい。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。