🎬11月9日22時〜雑談しながら生放送を行います♪

AirMacの配置を変え、ネット回線の速度を上げる

AirMacの配置を変え、ネット回線の速度を上げる

レイバーのえあんです♪
今回は、動画がなく記事限定となります。

AirMacを使い始め、色々な配置を試してみました。
その中で発見したことや僕のネット環境の速度を下記に記載致します。

なので今回は、AirMacの配置を変更することによって速度が上がるか検証してみたいと思います。

🔍またAirMacの接続方法は『DHCP』、ルーターモードを『オフ(ブリッジモード)』で行なっています。

AirMacをDHCP設定にし、モデム・ルーター・中継機から繋ぐ方法をご紹介AirMacをモデム・ルーター・中継機から繋ぐ方法[動画あり]
Apple(アップル)
¥35,908 (2018/11/09 16:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

AirMacを導入する前のネット環境

AirMacを導入する前のネット環境

まずはじめにAirMacを導入する前のネット環境は『モデム ⇒ ルーター ⇒ 中継器』としてインターネットを利用していました。

えあん

僕が住んでいる所は、3LDKでモデムと作業部屋がすごく距離があります。

図の通り「モデム ⇒ ルーター」は有線LANで繋ぎ、「ルーター ⇒ 中継器 ⇒ デバイス」は無線LAN(Wi-Fi)で接続していました。
モデムは@T-COMヒカリ、ルーターはBUFFALO、中継器はエレコムになります。

速度としては、平均値となる「約10Mbps」を下回り『約5Mbps』ぐらいしか出ませんでした。
ネットサーフィンや動画を見ることに関しては問題なく可能でした。ゲームやビデオチャット(Skype)をしていると時々重かったりしました。

MEMO

通信速度の目安は10Mbpsの回線速度があれば何も問題なくネットを利用することが可能。

ネット速度

ご参考にさせて頂いたサイトはこちらになります。

Link どのくらいの回線速度が必要??実はこんなもんだった!?光回線の比較.com
ネット速度を計測

インターネット速度を計測する場合はこちらをご参照ください。

Googleネット速度を調べる

Link ネット速度Google

AirMacを中継機として接続

AirMacを中継機として接続

続いては、『モデム ⇒ ルーター ⇒ AirMac』としてインターネットを利用しました。

エレコムの中継機を外し、AirMacに変えたところ、
速度は、『平均20Mbps』に上がり快適にインターネットを利用することができました。

無駄な線がないので、綺麗な形でインターネットを使うときはベストかもしれませんね。

[オススメ] 現在のネット環境化

[オススメ] 現在のネット環境化

一番オススメの接続方法は『モデム ⇒ AirMac』として使うことです。
モデムとAirMacを有線LANで繋ぎ、デバイスは無線で繋ぐということですね。

上記で述べたよりも速度は上がり『平均180Mbps』となり最強ですね笑

しかし僕の環境下だと、モデムと作業部屋が遠いので、なくなく有線LANで繋ぎ利用しています。

えあん

有線LANで繋ぐと見た目は悪くなるが、スピードが速いので妥協しました涙
MEMO

ルーターとデバイスの距離が遠ければ、ネット速度は落ちる。

Wi-Fiで繋ぐときは、電波が出ているルーターとデバイスとなるスマホ・タブレットが遠ければネット速度は落ちます。

なのでより良い環境でインターネットを利用する場合は、インターネット環境の配置を考えセッティングしてください。


どうだったでしょうか?

🔍また従来のネット速度の設定(2.4GHz)から、速度を上げる設定(5GHz)に変更する記事はこちら。

AirMacの回線を2.4GHz ⇒ 5GHzに変えてネット速度を上げるAirMacの回線を2.4GHz ⇒ 5GHzに変えてネット速度を上げる

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

 

Apple(アップル)
¥35,908 (2018/11/09 16:42:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。