AirMacをモデム・ルーター・中継機から繋ぐ方法[動画あり]

AirMacをDHCP設定にし、モデム・ルーター・中継機から繋ぐ方法をご紹介

追記事項

2018年5月20日追記:

タイトル・全体の内容・アイキャッチ画像を変更致しました。

レイバーのえあんです♪

前回の記事の動画にて、AirMacを紹介し接続ができなかったので今回はAirMacの接続方法をご紹介いたします。

1. iMacのストレージ「Fusion Drive」が壊れた!その後の対処法・対策方法をご紹介iMacのストレージ「Fusion Drive」が壊れた!その後の対処法・対策方法をご紹介

なのでこちらの設定を行えば、『モデムからAirMac』『別のルーターからAirMac』『中継器からAirMac』の3種類の方法で接続が可能になります。自分の環境に合った接続方法を試みて下さい。

準備するもの

今回最低でも必要となるものが、

  • AirMac(AirMac Express・AirMac Extreme・AirMac Time Capsule)
  • AirMacの電源コード
  • 有線LAN

有線LANは、AirMacとインターネット環境がある機械(モデム、ルーター、中継器など)と繋ぐために必要になります。

ネット環境の設定

AirMacを購入して「インターネット接続ができない」という方がいるかもしれませんが、僕もその一人でした。

理由としましては、AirMacの初期設定では『PPPoE』の設定になっており、今から設定するものは『DHCP』となります。

🔍詳しく今回の接続方法を知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

【検証】ネットを繋がず、AirMacに入っている動画を見れるか?

また、下記に述べる内容は『設定』になります。なので『モデムからAirMac』『別のルーターからAirMac』『中継器からAirMac』のどれかを選択し、その機械とAirMacを有線LANで繋ぎ、下記の設定を行うと、インターネットを利用することができます。

DHCPの設定方法

今回の設定方法は『Mac』から行います。iPhone・iPadから設定する方は、専用のアプリをダウンロードし、設定を行って下さい。

AirMacユーティリティ

AirMacユーティリティ
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
MacとAirMacを繋ぐ

まずはじめに、Mac画面の右上のWi-Fiマークから「AirMac」を選択します。

1AirMacをWi-Fiを接続する

AirMacの初期設定を行う

MacとAirMacを繋ぐと、AirMacユーティリティが開くので、AirMacの名称とパスワードを設定します。

 

2AirMacの名前・パスワードの設定

  1. ネットワーク名:Wi-Fiマークで表示する名称
  2. ベースステーション名:AirMacを複数ある場合に識別する名前
  3. パスワード:Wi-Fi接続する時や内臓HDDにアクセスする時に必要なパスワード|半角英数字8文字以上
  4. 確認:3番のパスワードを入力

入力が終わり次第、右下の「次へ」のボタンを押します。

 

3PPPoEの次へを設定

『ISPから提供されたPPPoE接続情報を入力します。』という設定画面になるのでこれは無視して『次へ』を押します。

 

4AirMacセットアップ

AirMacのセットアップが始まるので5分ほど待ちます。

 

5AirMacのエラー表示

予期しないエラーという表示が出るので右下の「完了」を押します。

DHCPの設定

6AirMacのDHCP設定

上図の通りの画面が表示されると、「eanMac」の横の『赤の3』と書かれている部分をクリックします。

 

7AirMacのDHCP設定

自分のエアーマックの詳細な画面が表示されます。
右下の「編集」をクリックします。

 

8AirMacのDHCP設定

「編集」を押すとAirMacの詳細設定画面が表示されるので、上のメニューの「インターネット」を選択し、接続方法の『PPPoE』をクリックします。

 

9AirMacのDHCP設定

そうすると、「DHCP」「静的」「PPPoE」の3種類から項目を選べるので『DHCP』を選択します。

 

10AirMacのDHCP設定

次に上のメニューバー「ネットワーク」を押し、ルーターモード『DHCPとNAT』をクリックします。

 

11AirMacのDHCP設定

「DHCPとNAT」「DHCPのみ」「オフ(ブリッジモード )」の3種類から選択できるので『オフ(ブリッジモード )』を選択します。

 

12AirMacのDHCP設定

設定が完了したら、右下の「アップデート」のボタンをクリックします。

 

13AirMacのDHCP設定

警告バナーが表示されるので、「続ける」をクリックします。


この設定でAirMacをルーターとして使用することができます。
なのでAppleの公式ページで載っている『コーヒーをいれるのよりもはやく…』とはこの設定のことを言っています。

次から使用する時や外出先にAirMacを持っていった時は、
『AirMac本体』『電源ケーブル』『有線LAN』があればどこでもネットを利用することができます。
※ 外出先で接続する場合は、その場所のネット回線が必要になります。AirMacと有線LANで接続して下さい。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
おつかレイバー♪

 

詳細な内容

商品名
● AirMac Time Capsule 2TB

メーカー(会社名)
● Apple(アップル)

同梱品
● AirMac Time Capsule
● 製品マニュアル(印刷版)
● 電源コード

サイズ及び重量
● 高さ : 168 mm
● 幅 : 98 mm
● 奥行 : 98 mm
● 重量 : 1.48 kg

接続項目
● 電源ポート × 1
● ネット接続LAN × 1
● モデム・ルーターに接続
● USBポート × 1
○ 外付けHDD・プリンタなどと接続
● 有線LAN × 3
○ パソコン・ゲーム機などと接続

無線接続可能人数
● 50人

故障内容
Fusion Drive(フュージョンドライブ)のHDD部分が壊れてしまい、3TBのうち約2.8TBが使えなくなっている。

1 COMMENT

daisuke4782

「AirMacをモデム・ルーター・中継機から繋ぐ方法」を試してみました。
結論、うまく繋がりませんでした。
アップルサポートへも何度も電話しましたが、最終的にはAir Mac同士のブリッジ接続以外はサポート対象外のようです。

初めはアップルサポートも問題なくできます!みたいな感じでしたが、最後は「誠に申し訳ありませんが…」になりました。

手順はこのサイトの通りのようですが、元のルーターの機種によっては繋がるものと繋がらないものがあるようです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。