Amazonの商品を返品・交換までの流れ。めちゃくちゃ簡単![動画あり]

Amazonの商品を返品・交換までの流れ。めちゃくちゃ簡単![動画あり]

レイバーのえあんです♪

今ごろハンドスピナー「MixMart 指スピナー」買ったら最悪だった[動画あり]今ごろハンドスピナー「MixMart 指スピナー」買ったら最悪だった[動画あり]

前回紹介した商品「MixMart 民族 ハンドスピナー」が不良品だったので、今回はAmazonで返品までの流れを記載した記事を書いていきます。

また、所々細かく内容を書いているので、この記事を読めばAmazonで返品・交換ができるようになると思います。

Amazonでは、返品・交換に至ってのルールがあります。

📕Amazon返品・交換のルール

返品(着払い)

Amazonから発送した商品が、不具合・損傷があり30日以内であれば全額お金が戻ってきます。

※ マーケットプレイスの商品で、発送先がAmazonでない場合は異なります。

 

交換(着払い)

Amazonから発送した商品が、不具合・損傷がある場合は30日以内であれば同じ商品と交換が可能です。その場合、一度返品し、お客様が再度同じ商品をご購入致します(なので返品して再度購入するか否かはお客様次第です)。

 

お客様の都合で返品・交換の場合(元払い)

未使用かつ未開封の場合は、全額返金されますが、配達料金がかかります。
開封済みの場合は、商品の値段から50%減額された料金が戻ってきます。

 

30日過ぎた場合

何らかの都合(海外旅行など)で30日を過ぎてしまった時は、
カスタマーサービスにお電話ください(下記に記載)。都合により返品・交換が可能です。

お客様都合の場合は、20%減額されます。なので開封済みの場合は、商品の値段−50%減額−20%減額−配達料金がかかります。

準備するもの

今回は、一番簡単な方法で、誰でも用意できるもの使って返品・交換します。

必要なもの

ダンボール

Amazonの商品が梱包していた箱でも構いませんが、捨ててしまった場合は、コンビニや配達営業所にて約100円で購入することができます。

 

メモ用紙

ダンボールや商品に「SPから始まるバーコード」がない場合は、後ほどご説明する『返品受付ID』を載せるための用紙を用意ください(付箋紙でも可能)。

 

宅配送り状伝票

配達伝票となる用紙。コンビニや配達営業所にて無料でもらえるので、送る前に記載し配送しましょう。

自分で用意するものはこれだけです。後は返品する商品さえあれば返品・交換が可能です!非常に簡単ですね笑

続いてから、実際に行う作業になります。

① 返品・交換のリクエストを送る

返品・交換リクエストを送る

今回はスマホで操作を行います。

STEP.1
返品・交換する

Amazonアプリの左上の「三(ハンバーガーアイコン)」を押し、『注文履歴』を選択します。

1右上のハンバーガーアイコンをタップ
2注文履歴をタップ

 

返品する商品となる項目を探し、『商品の返品』を押します。

3下にスライド
4商品の返品をタップ
STEP.2
返品・交換の理由を書く

『回答を選択してください』のボタンを押し、返品理由となる項目を選択してください。

5回答を選択してくださいをタップ
5返品理由の選択

返品理由の項目

  • 間違えて注文した
  • Amazon.co.jp以外でより安い商品を見つけた
  • 性能や品質が良くない
  • 手持ちのアイテムとの互換性がない
  • 商品がしっかりと梱包されていなかった
  • お届け予定日までに届かなかった
  • 付属品や特典が不足している
  • 商品に、配送中にできた目立った傷や破損がある
  • 注文した商品とは違う商品が届いた
  • 商品に不具合または損傷がある
  • 注文していない商品が余分に入っていた
  • 都合により必要がなくなった
  • 注文した覚えがない
  • サイト上の説明と違った

 

選択後、ページが戻り『具体的な理由をご記入下さい』という入力欄が表示されるので記入します。

6具体的な理由を入力する
6次に進むをタップ
STEP.3
返金項目を選択し完了

次に進むと、返金方法の画面に移り、返金する項目を選択します。

7支払い方法を選択する
8返送手続きを開始ボタンを押す

 

後は「返送手続きを開始」のボタンを押すと、AmazonのIDであるメールアドレスが送られます。

9メールが送信される

これで返品・交換リクエストをAmazonに遅れたので続いて、商品を梱包していきます。

② 梱包する

準備するもの

STEP.4
メールを確認する

先ほどAmazonから届いたメールを開き、「返送方法を確認」のボタンを押します。

10返送方法を確認ボタンを押す

 

そうすると、アマゾンの返送方法のページに飛ぶので、下にスライドし、返送先となる『送り先住所』が載っているので、送り状伝票に記載します。

11下にスライドする
12返送先となる住所

そしてここからは2つの方法手段があるのでどちらか選択し、進んでください。

SPから始まるバーコード入れて梱包する

STEP.5
SPから始まるバーコードを入れて梱包する

商品やダンボールについている『SPから始まるバーコード』と返品する商品を入れて梱包してください。

 

この時に、商品にSPバーコードがついている場合は、メモ用紙に貼り付て送ります。

商品についているSPから始まるバーコード

 

また、Amazonの段ボールにSPバーコードがついている場合は、そのまま商品を入れて送ります。

ダンボールについているSPから始まるバーコード

この『SPから始まるバーコード』がない方は、下記のやり方で梱包してください。

返品受付IDを入れて梱包する

STEP.5
返品受付IDを入れて梱包する

上記の「SPから始まるバーコード」を紛失した方は、返送先が載っているサイトの下に「返品受付ID」の『英数字』をメモの記載して、返品する商品と梱包し、送ってください。

13返品受付番号

 

後は、段ボールの隙間を埋めるものを入れ完了となります。
隙間を埋めるものがない場合は、紙をくしゃくしゃに丸め、入れておくとガードされます。

ダンボールに詰める

③ 発送する

配送する

発送は、配達業者やコンビニから配送することが可能です。
その時に、送り状伝票をもらい「送り先住所」「自分の住所」「品物」を記載し送りましょう。

STEP.6
通常の返品・交換の方は

基本的な返品・交換は『着払い(相手が払う)』なので、着払いの伝票をもらいましょう。

STEP.6
お客様の都合で返品・交換の方は

お客様の都合で返品・交換は『元払い(自分が払う)』なので、元払いの伝票をもらいましょう。

元払い伝票1

STEP.6
どちらかわからない方は

また送る時に「元払い」なのか「着払い」なのかわからない方は、『着払い』で送りましょう。

 

間違えても、Amazonの方で返金金額から差し引いて返金されるので、送り返しはありません(返金金額が着払いとなる配達料金より低い場合は別ですが…汗)。

④ メールを待つ

メールを待つ

STEP.7
後日メールが届く

後日、Amazonにて状況メールと返金メールが届くのでそちらを待つだけです。

返金種類・時間

クレジットカード

返品した商品が当サイトに届いてから1-3日程度で、購入時と同じクレジットカードに返金します。

 

代金引換
返品した商品が当サイトに届いてから1-3週間程度で返金します。

 

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
返品した商品が当サイトに届いてから1-3日程度で返金されます。

 

携帯決済
返品した商品が当サイトに届いてから1-3日程度で、購入時にご利用いただいた携帯決済サービス事業者経由で返金します。

 

Amazonギフト券
返品した商品が当サイトに届いてから1-2日程度で、Amazonギフト券残高に戻ります。

 

Amazonポイント
返品した商品が当サイトに届いてから1-3日程度で、Amazonポイント残高に戻ります。

 

キャンペーン用クーポン
返金対象外です。

 

請求書払い(Amazon Businessのみ)
返品した商品が当サイトに届いてから、次の請求時に請求額から返金額を控除します。


どうだったでしょうか?

Amazonでは非常に簡単に返品・交換が可能です。
またこの記事以外にわからない点がある場合は、Amazonカスタマーサービスにお電話ください。

Amazonカスタマーサービス

24時間対応

電話番号:0120-999-373

すぐにオペレーターと繋ぐ場合は『5番』を押します。

今回はこれで終わりたいと思います。
おつかレイバー😊

 

Q&A

上記の動画のコメントにて、視聴者様の疑問・質問に僕なりに応えた内容を記載していきます。またこの記事・動画を見て、そのほかの疑問・質問がある方は、気軽にコメント下さい。

 

返品・交換について

 

SPから始まるバーコードについて

剥がして商品やダンボールにつけても問題ありませんよ!もしくは紙を用意し、そちらも梱包し送ってください。またSPバーコードの粘着がない場合は、上から軽くセロハンテープなどで固定しとけば問題ないと思います😁

SPから始まるバーコードがあれば、あとは返品する商品を梱包し、伝票に自分の住所とアマゾンの返送先の住所で発送すれば問題ありませんよ!ダンボールについている場合も伝票かくだけでOKです!

アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください

梱包する箱について

簡単に破けたりするのはちょっとダメかもしれませんが、別の箱・封筒でも郵送は可能ですよ!郵便局で発送もできます😁
アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください

伝票に関してのQ&A

着払い伝票 品名欄

伝票の「品名」は大体でいいと思います!

例えば、キーボードを返品する場合「(商品名)TK-SLP01」ではなく「(ジャンル)キーボード」などで良いです。 多分ですが、配達業者が大体の梱包物を把握し、トラックに段ボールを詰めるときに、置く順を決めるために書くと思います(他にも理由があると思いますが😅)

送り状はどこでも無料でもらえますよ!またそのまま送って構いません😁 でもアマゾンに返品リクエスト(動画の内容)を行なってから発送してくださいね!

それは無理だと思いますよ!配送業者ごとに専用の伝票があるので、そちらに記入しないと運んでもらえないと思います😅

アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください

コンビニで配送する場合のQ&A

コンビニによって配送業者が違うので、一度下記のリンクで確認してみてください。

外部 宅配便が持ち込めるコンビニ一覧送料の虎  

近くのコンビニに行って、「宅急便お願いします」もしくは、宅急便伝票が無い場合「宅急便の着払い伝票いただけますか?」と聞けばコンビニの人も対応してくれます(すでに宅急便伝票を貼ってある場合は宅急便お願いしますと尋ねてください)

その後、Amazonから返品物が届いたメールが届き、そのあと返金手続きのメールが来て終わりです。 返金される場所は、基本購入時の時に支払った場所に返金されます。

アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください アコーディオンにtitleを入力してください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。